ホーム 利用規約 プライバシーポリシー お問い合わせ
   

バストアップに納豆がいいってホント?嬉しい効果・食べ方とは

 バストアップに納豆がいいってホント?  

バストアップをサポートしてくれる食材や食べ物はいくつかありますが、手軽に取り入れたい方や、料理が苦手な方には『納豆』がおすすめです。納豆は一食分が小分けになっていますし、調理せずに食べられるから、忙しい女性にも嬉しいですよね。
では、納豆には具体的にどのようなバストアップ効果が期待できるのでしょうか。栄養を損なわない効率的な食べ方と一緒に見ていきましょう。

 納豆に期待できるバストアップ効果は? 

エストロゲンと似た働きをするイソフラボンが補給できる

納豆の原料である大豆には、女性ホルモンのエストロゲンと似たような働きをするイソフラボンが豊富に含まれています。そもそもエストロゲンは、乳腺細胞を増やしてバストの形成を促すホルモンです。
そのエストロゲンと似た働きが得られれば、バストのハリの向上につながります。

タンパク質が筋肉やクーパー靭帯の材料になる

納豆には、筋肉の材料になるタンパク質が豊富に含まれています。バストの脂肪の下には筋肉がありますから、土台作りのためにも納豆が欠かせません。合掌のポースなど、バストアップのための筋トレをおこなっている人は、より意識的に食べることをおすすめします。
また、タンパク質はコラーゲンを作る材料にもなります。バストを支えるクーパー靭帯は主にコラーゲンでできていますから、バストの下垂を防ぐためにも積極的に取り入れましょう。

乳酸菌・ビタミンEがストレスや血行不良を防ぐ

納豆は、バストアップの大敵ともいえるストレス対策にも効果的です。納豆に含まれる乳酸菌が腸内環境を整えることで、精神安定作用のあるセロトニンを作りやすくしてくれるのです。
また、納豆に含まれるビタミンEは血液の流れを改善するため、ストレスや冷えによる血行不良を防ぐ効果も期待できます。血行が良くなれば、バストアップに効果的な栄養素も行き届きやすくなりますよ。

納豆のバストアップ効果を高める食べ方

1日1パックでOK

バストアップだけでなく、健康や美容にも嬉しい効果をもたらす納豆ですが、食べる量は1日1パックが目安です。過剰摂取はかえって健康を害する恐れがあるので、適量を守りましょう。

食べるタイミングは夕方に

納豆を食べるタイミングは、夕食時がおすすめです。なぜなら夜に摂取したほうが、栄養が吸収されやすいため。
また、納豆に含まれるナットウキナーゼには血液をサラサラにして、血栓を防ぐ効果があります。血栓は夜できやすいといわれているので、健康効果を得るためにも、夕食時に食べたほうがいいでしょう。ナットウキナーゼは熱に弱いので、加熱せずそのまま食べることがポイントです。

ビタミンCと一緒に

コラーゲンが体内で合成される際には、ビタミンCが必要になります。コラーゲンの生成を助けるために、納豆とビタミンCが豊富な食材を一緒に食べるようにしましょう。
ビタミンCはパプリカ、ブロッコリー、キャベツ、柑橘類、キウイ、いちごなどに含まれています。サラダを一緒に食べたり、食後にフルーツを食べたりして、ビタミンCを補ってくださいね。

今回は、バストアップにつながる納豆の栄養や食べ方についてご紹介しました。納豆は手に入りやすく、お財布にも嬉しい食材です。ハリのある美しいバストを手に入れるために、1日1パックの納豆を習慣にしてみてはいかがでしょうか。

資料提供:池田ゆう子クリニック

最終更新日

バスト , バストアップ , バストケア , ビタミン , 美しいバスト , 美バスト